2012年05月06日 Sunday世界日報

ふるさと愛する独住画家

新潟平野から山並みを臨む朝焼けの風景を描いた画家・白鳥十三さんの作品『わが心の故郷』。4.0メートル×1.5メートルの大作だ(写真左下)。

たなびく雲に映る朝陽の微妙な色合いの変化が、静かに円環する地球時間の朝の空気を伝えている。立ち上る朝霞がまもなく消え、水面に陽の光がきらきら光り始めた。今朝、目覚めたばかりの人の心に、希望の1日の予感さえ与えてくれる。「自然とはこういうものだったのか」とため息が出てくるほど感動的だ。

セラミック二次電池など、導電・絶縁材料のパイオニアとして知られる株式会社ナミックス(新潟市北区)の研究棟エントランスロビーに飾られている。「ふるさとの情感を感じていただければ」と、絵の前に立つ白鳥さん。

ふるさと愛する独住画家

新潟平野から山並みを臨む朝焼けの風景を描いた画家・白鳥十三さんの作品『わが心の故郷』。4.0メートル×1.5メートルの大作だ(写真左下)。

たなびく雲に映る朝陽の微妙な色合いの変化が、静かに円環する地球時間の朝の空気を伝えている。立ち上る朝霞がまもなく消え、水面に陽の光がきらきら光り始めた。今朝、目覚めたばかりの人の心に、希望の1日の予感さえ与えてくれる。「自然とはこういうものだったのか」とため息が出てくるほど感動的だ。

セラミック二次電池など、導電・絶縁材料のパイオニアとして知られる株式会社ナミックス(新潟市北区)の研究棟エントランスロビーに飾られている。「ふるさとの情感を感じていただければ」と、絵の前に立つ白鳥さん。

もう1枚の絵は平成22年、NHKハート展出品作『道』(写真右下)。こちらは実に楽しく、心が自然に浮き立ってくる。人は、絵の中に生の現実を見ようと絵画展に足を運ぶのではない。だからと言って、現実から離反した絵はよほどつまらない。現実と非現実の被膜のあわいに、人間の優しさや、楽しさをぐっと詰め込み、白鳥さんならではの具象を現出した。

1960年代、前衛的なコンセプチュアルアートなど現代絵画が、わが国になだれ込んできたが、白鳥さんは「ぼくにはどうも肌に合わない、要するに(目指すものが)違うんじゃないか」と。そして23歳の時、『造形志向の強い絵ではなく、崇高で精神性の高い、気持ちがすっと抜けてゆくような具象絵画を目指していく』と思い定めた。「それ以降、ぼくの(絵の作り方の)肝は変わらない。見ていただく肝でもある」。見飽きない、人の心をつかんで離さない白鳥絵画のマジックの秘密がここにある。

新潟県出身。同郷の作家・坂口安吾の石碑をテーマにした『ふるさとは語ることなし』や歌人、書家で古都・奈良を再発見した會津八一にちなむ『法隆寺西門』の作品などがある。"愛郷家"の心は、彼らのそれに通じている。

実家のすぐそば、歩いて1、2分のところに會津八一最晩年の住居(現・北方文化博物館新潟分館)があった。「年報を見ると、ぼくが生まれて、先生が亡くなる最後の7年間が重なっている。ぼくは、よくパン屋にお使いに行っていたが、その向かいがお宅。ひょっとしたらお会いしてるかもしれない。そんな親密感もあるんです」。「先生の書の『独住』という言葉もぼくと同じで、好きだなぁ、生意気だけど―」。

小さい頃絵をよく描いていたが、中・高と絵を封印。進学校の新潟高校へ通ったが、18歳の時、画家になるよう、内なる声が・・・。進路について、高校、大学と父親と確執が続いたが、大学を出ても絵をやると言い出した時、父が折れ、「実は・・・」切り出した。白鳥さんが小さい頃に描く絵を見た、新潟県出身で、日本画家の小島丹漾師(奥村土牛門下)が父親に、「この子が18ぐらいになって、絵をやりたいと言い出したら、やらせたほうがいい」と勧めたというのだ。父親はこの時初めて白鳥さんに明かした。

以来40年を超え、自信に満ちた魂の自由人だ。大柄でゆったりした風貌。鷹揚に見えるが、親しみがあって、面倒見がいい。戦後、大好評を博した獅子文六の小説『自由学校』の主人公、五百助を彷彿とさせる。

2011年10月17日 新潟日報

風土に根差した端正な構成

▼白鳥十三絵画展(18~30日、新潟市中央区万代島5のアートギャラリー万代島)

新潟市生まれ東京在住の白鳥さんは、早稲田大学在学中から画塾に通って洋画を学び、創作約40年を一貫して無所属で通し、東京銀座とふるさと新潟で個展を開き続けてきた。

今回は、奈良と新潟の薔薇シリーズ3部門展示で、100号の水面鳥瞰図1点をはじめ、「斑鳩の里」(法隆寺)=写真=や「飛鳥天空」(橘寺)など20号3点。新潟の坂口安吾の石碑がある松林「ふるさとは語ることなし」「異人池の教会」「万代橋」など10号は5点で他に小品。

だ円形額縁やルイ15世式彫刻の装飾額縁に入った、ロココ風のバラの絵も含め、計約20点とジクレー版画数点である。アクリル絵の具に岩絵の具を併用、新開発の溶剤で、問題のあったアクリルの絵肌が改善されたという。

風景画では、全般に日本の風土に根差した端正な構成と、堅実で達者なデザイン、細密な写実描写が画面を引き締め、空の鮮やかな青、暗緑色の杜と明るい草や林の緑、寺社など建造物の渋い暖色が、陰影と奥行きの鮮明な画面を創出し、何かしら郷愁を感じさせる。

一方、「夕映えの日本海」6号の、打ち寄せる波を染める夕日と雲の色が、さわやかな空の青と調和し、軽妙で優雅な雰囲気を醸しており、華麗で繊細、快い美感をもたらすバラのシリーズの絵とともに、現代に再現されたロココ風の絵画とでも言えるようだ。

その感性は、前に触れた額縁へのこだわりにも表れている。この後もう一方の、ゆったりした日本的な画境と、どちらが濃さを増すか、楽しみである。 (鈴木清一)

2010年04月20日 新潟日報

日本人の本能刺激

白鳥は2008年に新潟市内の企業ナミックス・テクノコアに横幅4mの大作「我が心のふる里」を設置している。写真では見せてもらったことがあったが、今回の個展でその一部、それも核心とも言うべき場所を描いた作品をみることができた。

そこに描かれた鎮守の杜の祠はこの集落の精神的な柱であろう。手前の穏やかな川面は周囲の田畑を潤し、人々の暮らしを支えてきた。背景の山々の重なりとたなびく雲は、縄文・弥生の古代から変わらぬ姿を見せてきたに違いない。新潟の人だけでなく日本人の大半が連綿と受け継いできた農耕文化のルーツが描かれている。人工的なものは何も無く、自然そのものの佇まいだが、日本人としてのDNAを刺激してくる。

白鳥は故郷の風景のほか自身が住む都会のシーンや花を描くのを得意としている。今回アクリル絵の具と岩絵の具を溶くのにアートレジンというメデュウムを使った。それは絵の具独特のぬめりをとって乾いた仕上がりに効果があるという。

日本人の本能刺激

白鳥は2008年に新潟市内の企業ナミックス・テクノコアに横幅4mの大作「我が心のふる里」を設置している。写真では見せてもらったことがあったが、今回の個展でその一部、それも核心とも言うべき場所を描いた作品をみることができた。

そこに描かれた鎮守の杜の祠はこの集落の精神的な柱であろう。手前の穏やかな川面は周囲の田畑を潤し、人々の暮らしを支えてきた。背景の山々の重なりとたなびく雲は、縄文・弥生の古代から変わらぬ姿を見せてきたに違いない。新潟の人だけでなく日本人の大半が連綿と受け継いできた農耕文化のルーツが描かれている。人工的なものは何も無く、自然そのものの佇まいだが、日本人としてのDNAを刺激してくる。

白鳥は故郷の風景のほか自身が住む都会のシーンや花を描くのを得意としている。今回アクリル絵の具と岩絵の具を溶くのにアートレジンというメデュウムを使った。それは絵の具独特のぬめりをとって乾いた仕上がりに効果があるという。

油彩画に見られる照りや艶よりも日本画のような表面の肌触りを好むところに、単なる絵の具の違いだけの問題ではないものを感じる。なお今回の風景画には人物が登場してきたが、それは風景の中の点景として位置ずけられている。人物を描かなくても人間を感じさせる「我が心のふる里」とは異なり、現代を表そうとしている。

1949年新潟市生

2006年7月8日 新潟日報

新潟日報 「県人アート」  適度の明るさと緑陰

人間が鬱蒼とした森林に恐れを抱くのは、古代人のDNAが作動しているからである。高層ビルが立ち並ぶ新宿近くに住む作者は、よく散歩するというが、のっぽのビル群は森林に見えているのかもしれない。今回の作品は、無条件の田園風景のほかに、一見すると都市の風景だが、実は田園風景が重ねられているような作品が並んだ。都会生まれの人間には記憶の奥底にしまわれた古代人のDNAだが、田舎に生まれ育った人間には現役で活躍中である。油彩作品「鎮守の杜」はいまでも都会を少し離れると良く見かける風景だが、日本列島が照葉樹林に被われていた神々の名残である。

遠くには山並み、田畑の中にこんもりと茂った杜には小さな祠が見えるようである。それに対して高層のホテルが描かれた「夢空間」や都庁が描かれた「天空へ」は、林立する高層ビル群を描きながら、神々の杜の幻影が重ねられている。

新潟日報 「県人アート」  適度の明るさと緑陰

人間が鬱蒼とした森林に恐れを抱くのは、古代人のDNAが作動しているからである。高層ビルが立ち並ぶ新宿近くに住む作者は、よく散歩するというが、のっぽのビル群は森林に見えているのかもしれない。今回の作品は、無条件の田園風景のほかに、一見すると都市の風景だが、実は田園風景が重ねられているような作品が並んだ。都会生まれの人間には記憶の奥底にしまわれた古代人のDNAだが、田舎に生まれ育った人間には現役で活躍中である。油彩作品「鎮守の杜」はいまでも都会を少し離れると良く見かける風景だが、日本列島が照葉樹林に被われていた神々の名残である。

遠くには山並み、田畑の中にこんもりと茂った杜には小さな祠が見えるようである。それに対して高層のホテルが描かれた「夢空間」や都庁が描かれた「天空へ」は、林立する高層ビル群を描きながら、神々の杜の幻影が重ねられている。

都庁の広場に立つ彫像は生命を脅かすマンモスであり、夕焼けを背景にした高層ビルは、いわば樹齢何百年の檜や杉の木立といってもよい。そして明るい陽だまりに手入れよくガーデニングされた「緑陰」は、古代人のDNAから解放された現代の風景である。人間はこうして適度の明るさと適度の緑の影を求めてきた。

2004年6月18日 新潟日報

新潟日報

白鳥十三個展(20日まで、新潟市美術館市民ギャラリー)

白鳥さんは一九四九年新潟市生まれ、東京・渋谷区在住の洋画家。正三角形変形4号から60号までの油彩はじめ、グワッシュ、アクリルなど水彩作品、イラストも含めた六十点余りを展示する。作品群は静かで端正な雰囲気の写実的絵画で、風景あり花あり、室内静物ありだが、いずれも的確なデッサン、緻密で巧みな筆さばき、堅実な構成が、見る者に安らぎをもたらす。

特徴的なのは、光を受けた対象、あるいは光が透過した空気を、どんな色彩に捉え、それをキャンバスの二次元平面にどう表現するかに、白鳥さんの最大の創造的努力が払われているのではないか、ということだ。色彩と形態の、微妙で均整のとれた調和・・・それは、白鳥さん生得の感性による内面の色であり、(魂の色)なのだろう。

新潟日報

白鳥十三個展(20日まで、新潟市美術館市民ギャラリー)

白鳥さんは一九四九年新潟市生まれ、東京・渋谷区在住の洋画家。正三角形変形4号から60号までの油彩はじめ、グワッシュ、アクリルなど水彩作品、イラストも含めた六十点余りを展示する。作品群は静かで端正な雰囲気の写実的絵画で、風景あり花あり、室内静物ありだが、いずれも的確なデッサン、緻密で巧みな筆さばき、堅実な構成が、見る者に安らぎをもたらす。

特徴的なのは、光を受けた対象、あるいは光が透過した空気を、どんな色彩に捉え、それをキャンバスの二次元平面にどう表現するかに、白鳥さんの最大の創造的努力が払われているのではないか、ということだ。色彩と形態の、微妙で均整のとれた調和・・・それは、白鳥さん生得の感性による内面の色であり、(魂の色)なのだろう。

夕映えのあかねに色付く木立の微妙な色相の変化が美しい「夕暮れの山堂」(F10号)=写真=がまず目を引く。それに、空と雲、水面と山野を緑の諧調で統一した「湖映」「緑陰」「牧場」も。

水彩画は「残雪」で、白雪と赤い朽ち葉に木立の影が印象的。林の奥は多彩な陰影と木の間の空が快い。

細やかなマチエールは日本画的だ。主題面でも錦鯉二匹が泳ぐ「水天」や、背景を一色に抑えた「蓮花」などに和風様式美があるが、過剰に及ばぬことが望まれる。

また、「花摘み」の豪華なロココ様式額装、だ円額装の作品は、描き込みとともに俗気が過ぎるように思われる。 (鈴木清一)